一日数分だけで劇的に変わる!膣引き締めのトレーニングの効果

膣が緩くて困っているのなら…

女性は、出産などをきっかけに膣の筋力が弱くなってしまうことがあります。そうなると尿漏れなどを起こしやすくなりますし、最悪の場合だと菌が入って大きな病気に発展することもあります。ですから、膣引き締めを意識してトレーニングを行なうことが今推奨されています。

膣引き締めトレーニング効果で嬉しいこととは?

no.1

悩んでいた尿漏れがなくなる

膣が緩いと、ちょっとした刺激で尿が漏れてしまうことがあります。そうなると臭いが気になったりして、外に出るのが不安になるでしょう。それに、頻繁にトイレに行かないといけないので外出が大変になります。ですが、膣引き締めトレーニングを行なうことで尿漏れの悩みがなくなります。

no.2

女性ホルモンが増える

膣引き締めトレーニングは、女性ホルモンを増やす効果があるといわれています。これは、膣の筋力を鍛えることができるのでホルモンの働きが活発になると考えられているからでしょう。女性ホルモンが増えたら女性特有の症状で悩みにくくなります。

no.3

下半身ダイエットにつながる

膣引き締めトレーニングを毎日続けると下半身のダイエットに効果があるとされています。なぜなら、膣を引き締めるためにお尻から太ももまで意識して力を入れるようになるからです。そうなると、お尻から太ももにかけての筋肉が鍛えられるので、下半身を細くできるようになります。

no.4

体質改善になる

女性の中には、性行為を行なっても感じないという人がいます。そういった人は膣の筋肉が弱い可能性があります。しかし、膣引き締めトレーニングを行なうだけで感度が上がり、パートナーとの時間を楽しめるようになるといわれています。

no.5

PMSの症状が緩和される

膣引き締めトレーニングは、PMSの症状も緩和できるといわれています。この症状は、ホルモンバランスが乱れていることが原因で起こるでしょう。そのため、膣引き締めトレーニングを行なうことで、女性ホルモンを分泌しやすくなり、結果PMSの症状も改善されていくといわれています。

一日数分だけで劇的に変わる!膣引き締めのトレーニングの効果

お尻

トレーニング方法は簡単

膣引き締め効果のあるトレーニングは、とても簡単です。それは、肛門を閉めることを意識して力を入れるだけです。肛門を閉める感じは、膣にも影響を与えます。これを一日に数分、気付いたときにするだけで効果を期待できます。

尿をコントロールする

徐々に膣引き締め効果が出てきたと思ったら、排尿時に出したり止めたりするのを意識して行なってみてください。これをコントロールできるようになったら、膣の筋力が戻ってきている証拠といえるでしょう。

あまりにもひどいときは病院へ行こう

毎日トレーニングしても膣引き締め効果が期待できない、尿漏れが改善されないというのなら専門の医療機関へ行きましょう。最近は、女性器形成のクリニックがあるので膣の緩みを医療の力で引き締めることができます。悩んでいるのなら一度相談してみてください。

広告募集中